セフレを作りやすい時代

セフレという言葉はかなり昔から存在しますが、昔はセフレを作りたいという願望があってもセフレを作れる環境にはありませんでした。

そもそもセフレを作ろうにも同じくセフレを作りたいと思っている相手に出会う手段がありませんでしたし、また女性でセフレを作りたいと思う人が今よりも極端に少なかったからです。

しかしネットが普及し、世間体を気にする必要がなくセフレを作りたい人が出会う場が出来ました。

そして男性だけじゃなく、女性の中でもセフレを作りたいという人が増えてきたのです。

それはセックス自体が大した事がない、恋愛感情がない相手とセックスをする事への抵抗感が薄れてきたからでしょう。

もちろんセフレを作りたいと思う前提にセックスをする事が気持ちがいい事だという認識がなければいけません。

セックスをするのは痛いし、苦痛だという人がセフレを作りたいとは思わないでしょうから、男性は自分本位のセックスをせずに、相手にとっても気持ちがいいセックスを心がけなければいけません。

ただそれは相手のためというよりも一緒にセックスをしているのですから相手が気持ちよくなれば当然自分だって感じるはずですから、自分が気持ちよくなるために相手にも気持ちよくなってもらうと考えれば頑張れますよね。

セフレを作る事は悪い事ではないけれど

セフレを作る事は悪い事ではないけれど、セフレを作る事は公言しない方がいいでしょう。

既婚者でセフレがいる場合は不倫ですから、公言するような人はいないと思います。

隠さないとバレたら家庭が崩壊してしまう。

そんなリスクを抱えているわけです。

独身者であっても恋人がいるのならセフレを作る事は浮気になるのでやはり公言すべき事ではないでしょう。

ただ独身で恋人もいないのであればセフレを作っても何も問題はないはずだから公言してもいいんじゃないか?

と思う人もいるかもしれません。

しかし信用問題を考えた時にやはり公言しない方が賢明だと思うのです。

性欲は人間誰しもあって当然の欲望ですし、その欲望を満たすためにセックスをしたい人とセフレ関係になる事はある意味自然な行為です。

ですが、世間体を考えるとセフレを作る人とセフレを作らない人とどちらが誠実だと思われるか?

と言えばセフレを作らない人です。

例えばあなたがいいなと思っている人がセフレを作る人だったらどうでしょうか?

じゃあ、自分もセフレになってもらおうと考えても、恋人になりたいとは思わないでしょう。

つまり自分で将来の恋愛をするチャンスをつぶしてしまっているのです。

セフレとは奔放なセックスを楽しみたいけれど、恋人はセフレを作らない誠実な相手と真面目に恋愛をしたい。

そう考える人は男女問わず多いのです。

そもそも日常生活の中でお酒の席でもなければ下ネタは避けるべきですよね。

セフレがいるとなるとどうしても下ネタに結びつきやすいので、学生ならともかく社会人であれば信用してもらうためにもセフレがいる事は秘密にしておきましょう。

セフレにアピールすべきポイント

出会い系サイトで知り合って出会うためには相手に選んでもらい、そして実際に会ってみたいと思われる事が必須条件となりますが、どのようにアピールすればいいのでしょうか?

よく間違ってしまうのはセフレだから相手はセックスを求めている。

だから自分がセックスのテクニックがあり、セックスで満足させる事が出来る点を

アピールしたらいいと考えるのですが、セックスが上手い下手は実際にセックスするまで分からない事です。

相性の問題もありますし、そのセックスのやり方が好みかどうかも人によって異なります。

それに自分でセッというとクスが上手いとハードルを上げる事で実際には大した事がない口ばかりだと思われてしまうケースが多いのです。

それにセックスが上手い遊んでそう、不特定多数の相手とセックスをしていそうで嫌だと拒否反応をしめす女性もいます。

なぜなら女性はセフレが欲しいと思っていても重要視するのはその安全性です。

ですからセックスが上手い事よりも周囲にバレないように慎重に行動出来るか、秘密が守れるかそして誠実な人柄かを重要視するので、セックスが上手かどうかはアピールにはならないというわけです。

間違った方向にアピールして上手くいくわけがありませんよね。

相手がセフレに何を求めているのか理解して、相手が求める事を出来るかどうかアピールするのが効果的なアピールの手段だと言えるでしょう。

恋人とセフレの違い

恋人とセフレの違いは何でしょうか?

恋人もセフレも違いはない、同じだと考えている人がいたらそれは恋人に対してかなり不誠実になってしまいます。

いつでもやりたい時にやれるように恋人を確保しているなんて人がいたら、これ以上恋人を傷つける前にその相手と別れてセフレを作りましょう。

恋人とセフレはそれぐらい違う相手なのです。

恋人とは恋愛感情のある相手の事です。

好きだから全てを知りたい、自分のものにしたいという気持ちからセックスももちろんしますが、セックスだけをしたいわけではなく、お互いを理解するためにたくさん会話をしたいし、共通の体験をしたいのでいろんな場所に二人で出かけたい、これからもずっと一緒にいたい相手です。

恋人と必ずしも結婚をするわけではありませんが、恋人関係の終着点は結婚になるのではないでしょうか?

ではセフレは?

というとセックスをする相手の事です。

そしてセックスを楽しむためには恋愛感情は不要になります。

なぜなら恋愛感情があればセフレに他のセフレがいたら嫉妬しますし、独占欲も持ってしまいます。

それに不安になったり、嫌われるのが怖くて本音を言えなくなったりと、セフレを維持するうえで不要な感情が生じてしまいます。

セフレに面倒事はご法度ですよね。

どちらか片方に恋愛感情が生じてしまった時点でセフレ関係は続ける事が困難になってしまうでしょう。

恋人とセフレはセックスをする関係であっても全く異なる関係なのです。

最新情報

ネカマの可・性が高いです

なんて呼ばれ方もするゲイ男性は、 だから、結婚式費用の見積に漏れはないか、 料金表などが書かれているのであれば、大体モラルに反していると言われます。ときどき背伸びして無理がたたることもあります。恋愛心理学が身についてる人・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ